2018/01/14

ナクイ的日常 vol.14

18/01/14 12:21 (ナクイ)

カザイムザタックスマーン、イエーーアイムザタックスマーン。
いいえ、ナクイです。

そうそう、実はこの間、市役所から電話があった。
みんながみんな、経験あることではないと思うんだけど、バンドマンは結構な方々が経験してると思う。

『住民税の未納の件でご連絡させていただきました、ナクイアキラ様、ご本人様でよろしいでしょうか?』

待ってはいたけどきやがったな。
ビートルズのジョージが『死ぬときに瞼を閉じるのにもお支払いいただきます。』と歌った税金の支払いの電話だ!
タックスマンから電話が来たわけだ。

話を聞いていると本当に怖いことをいう人たちだ。

口座の方を差し押さえしていただいて。
一括でお支払いしていただけないと…。
月々の支払でしたら毎月●●円をお取り立てさせていただきます。

!?

そう、驚くことにこのタックスマンは『お取り立て』という言葉を使った。
俺は聞き逃さなかった、後に『お支払い』という言葉に変えていたけど、間違いなく『お取り立て』という言葉を一度は使ったのだ。

なんとなく気になって取り立てるって言葉を辞書で調べてみたら、
・むりに取り上げる。強制的に取る。 「借金を-・てる」
と書いてあった。
おっしゃる通り、俺にとっては税金は『取り立て』なのである。
無理に財産を奪われてるわけなのであるからに。

まー、こんなところでもめようが何しようが払わないといけないものは払わないといけないので、ごめんなさいして、無駄な出費が増えることになりましたとさ。
税金の未納がある方は気を付けてね。

でもさ、ふと思ったんだよね。
全員がそうだとは思わないけど、未納な人って結構いるじゃない?
あれだよ、払わねーって言ってるんじゃなくて生活がギリギリだから払ってない人っていうの?
それがもし全員払うようになったら、役所内の取り立て屋さんの仕事ってなくなるわけでしょ?
つまり、雑務係なわけで、その人たちの給料だって税金から払われてるわけで、その人が失業するってことは、集めないといけない税金も減るわけで、と考えたら貧乏で哀れな俺みたいなかわいそうな子羊から税金を『取り立てる』事なんてしなくなるのではないかなと…。

いやいや、やっぱりそんなことで税金が減ることはない。
結論から言うと、どうせ税金が浮いたところで、お偉いさんの夕食の高級なステーキとか、高級なお寿司とか、贅沢なものに変身するんだろうなー。
豚が牛のステーキ食ってるなんて笑ってしまうよ。

ファックだなー。
生存権で、人間が文化的な最低限度の生活が保障されてるって言うのに、納税の義務のせいで、携帯電話さえ、定期的に使用できなくなるなんて…。
人間の文化的な最低限って線引きはどこなんだろうなー、いったい…。


タグ:Column