2017/12/26

ナクイ的日常 vol.10

17/12/26 07:53 (ナクイ)

今年のナクイです。

2017年がそろそろ終わるね。

クリスマスも終わったことだし、あとは年を越すだけ。

 

閲覧注意

サンタさんを信じてる人は読まないでください

 

クリスマスと言えば、俺は正直全く興味がなく、バイトをして過ごした。

毎年人が多くて移動が大変で本当にうんざりしてたんだけど、今年はなんだか、あまり盛り上がってないような気がした。

もしかしたら、俺が自然と避けて通っていただけなのかもしれないけど。

 

2000年も大昔の知らないおっさんの誕生日を祝うために無駄遣いをする人が減ったという点では喜ばしいことではあるし、右向け右の何も意見を持ってない人も減ったとと言う意味でも、本当にいいことだと思う。

 

そう、本来はその程度のこと。騒ぐ口実でしかない。

俺がジョン・レノンとかカート・コバーンとかジム・モリソンの命日とかを俺が偲んだりするのは、彼らと会ったことはないけど、彼らのことを尊敬している。ある意味信仰心に近い。だから、クリスマスを信仰心の上でやってる人はちょっと別。こういう人たちはある意味ライフワークなのだから、俺がロックを愛してやまないのと同様、大切な行事なのである。

ただ、理由をつけて騒ぐのは関係のない人からしたらいい迷惑なんだ。

歩くのも邪魔だし、おかげで予定が遅れることもある。

本当に勘弁してほしいわけだ。家でやってほしいと思うわけさ。

クリスマスがあまり好きじゃない理由はこの程度の理由。

 

ただ、俺も小さい頃は例外にもれずサンタクロースを待ちわびていた。

もちろん、幼稚園とかの時に来たサンタは偽物とわかっていた、サンタは見えないと思っていたから。

ちなみに、みんながサンタさん何歳までサンタを信じていたのかはわからないが、俺は早くに信じなくなった。

 

理由は簡単。

クソッタレなオヤジが速攻でネタバレを俺にしたからである。

お酒の席で、オヤジは「クリスマス何がほしいんだ?俺の金で買うんだからサンタじゃなくて俺に感謝しろ!」と言い放った。

それからというもの、小学校低学年恒例サンタさんいるかいないか論争では、

「いるかいないかはわからないけど、俺の家には来ないよ。だからお父さんのお金でお父さんかお母さんが買ってきて、寝てる間に置いといてくれるんだ。」

なんて言っていた始末だった。

 

もちろん、母親は、俺が信じてると思ってくれていたみたいで、プレゼントを玄関に置いてくれていたり、ベランダに置いてくれていたり色々と画策をしてくれていた。

お母さんありがとう。

と幼心に内緒で思っていたし、妹は信じていたようなので、妹にも黙っていたような気がする。

 

その後に、妹もサンタをおそらくそのタイミングで信じなくなったであろう事件が起きた。

あるクリスマスの朝に、妹がパフィーの人形をお願いしていたことがあった。

その年の夏に、オヤジと妹と三人で出かけた時、たまたま見つけたようで、妹はずっと欲しがっていた。

そのネタを温めに温め、クリスマスという一大イベントで妹はその願いを放出したのだ。

 

そして、その年のクリスマスの朝、妹は意気揚々と、プレゼントの包みを開けた。

そこに入っていたのはパフィーの人形ではなくバービー人形だった。

べそをかきそうになりながら、「これじゃない…パフィーの人形が欲しかったのに…」とつぶやいていた。

その時に母親が、やっちゃった~って顔をしながらオヤジの顔を見て、すかさず、「それじゃお母さんが買ってあげるから買いに行こうか?」と言ったが妹はいらないと言った。

おそらく妹はその時にサンタを信じなくなっただろう。

誰のせいで俺たち兄弟が信じなくなったのかってどちらもオヤジの責任である。

 

ただね、サンタをネタバレされたからって、騙しやがって!って親に怒る子供はいないと思う。

大人になって自然と気付いて、俺を喜ばせるために頑張ってくれてたんだな、ありがとう。

と思うわけだ。

 

俺が好きなオカルト研究家の山口敏太郎さんが、妖怪や迷信っていうのはサンタクロースと同じだと言っていた。

教育をわかりやすく形容するために妖怪や迷信は生まれた。だから妖怪がいないとか迷信が嘘だっていうことに本当に怒る人はいない。それと同じでサンタいないのか!騙しやがってとは絶対にならないのであるし、その逆も然り。

もちろん、妖怪なんかいないじゃないか!って怒る人もいるかもしれないけどね…。

おっしゃる通りだなとクリスマスの夜に思ったわけだ。

 

何が言いたいのかまとまらなくなってしまったけど、クリスマス反対だからって夢を破壊する権利は誰にもないということ。

その日付を口実にしている人たちは、俺の前を歩かないでほしいというこの二つでした。

 

本当はWar Is Overなんて言えたらかっこいいんだろうけどね。

つまり周りに振り回されないで自分の生きて来た上で本当に大切な日をしっかり見極めて祝ってほしいなと思うよ。

まぁ、俺ハロウィンも嫌いだからな。基本的にパリピとか意識高い人たちがパーティーとか言ってるのすごい嫌いだし。

なんだよ、オーガニックって!それなら雑草でも食っとけって思うわけ。

長々と読んでいただきましてありがとうございました。良いお年を!


タグ:Column